20代若手美容師のロードマップ!お金を稼ぐ方法はこれだ!美容室選びも超大切です。

こんにちは、

今回は美容師さんによく質問される”お金”について書いていきます。

美容師は稼げない、平均年収が低い、、

ちまたには、そんな話が溢れかえっていますね。

では、実際はどうなんでしょう??

僕の考えを、結論から言うと全然稼げます!しかし、少し特殊な給料体系なので、注意が必要!という事です。

僕の経験を元に説明していきますので、もちろん事実なので安心して下さい。

お金を稼ぎたい美容師さんは最後まで見て下さいね。

美容師の平均年収300万

美容師の平均年収は300万と言われています。しかしこの数字には何の意味もありません。

そもそも美容師という仕事の給料は一人一人で全く違うからです。

公務員の様に年齢で横並び、、そんな仕事ではありません。

アシスタント、スタイリストでも違うし、稼いでるオーナー、赤字続きのオーナー。全く給料が違います。

そこで、給料のボリュームゾーン1番多いポジションがスタイリストだと思います。

実際僕が当時22歳位のスタイリストとして仕事していた時の給料は40万以上ありました。

20代前半で年収500万近くあったわけです。これは安月給でしょうか??周りで一流大学を卒業して、一流企業に努めていた友達よりもはるかに多かったです。

ここで大事なポイントがあります。

当時僕が働いていた美容室のスタイリストの給料体制は完全歩合制でした。基本給0の完全歩合、今考えれば中々ハードですが、だからこそ頑張れて、給料も多かったわけです。

美容室選びのポイントに、スタイリストになった時の仕事量に対する給料のパーセンテージを重要視することをおすすめします。

例えば歩合の%が23%の店と35%の店があります。

同じ売上100万円分の仕事をしても一方で23万円、一方で35万円。

全く違う結果になります。これは店によって違います。人件費(アシスタントの数)や売上が関係して決まっている数字です。

美容室選びのポイントとして必ず重要視して下さい。

売上に対して30%をこえる歩合率の店を選ぶ事をおすすめします。

稼ぎたい美容師が美容室選びで次に重要視するポイントは副業や商品開発、店舗外労働を認めているかどうかです。

これも大事なポイントで美容師としての給料だけじゃなく年収の限界数値を上げれる可能性があるので必ず確認しましょう。とはいえ、美容師の給料の基本は売上げなので、給料35万程度までは”思いっきり仕事を頑張って、担当させてもらっているお客さんに心から喜んでもらえるように、技術、知識、センス、人間性を磨くことが給料アップの一番の近道です”

ここからは僕が思う事ですが、美容師の給料体系は水商売に近いものがあります。

例えばスタイリストになった、20代前半より、20代後半の方が給料が良い保証はありません。

実際僕も20代前半で40万円以上もらっていた給料も20代後半で独立した時は15万円位になりました。とんでもなくダウンしていますね。

つまり、美容師の給料体系は稼げる様になるまでの年齢が一般的な仕事に比べて早いのです。

これはめちゃくちゃメリットがある事です。そして当然不安にもつながりますね。

ここで僕がスタッフや若いスタイリストにお勧めしているのが、積立NISAや全米インデックス株などのいわゆる”資産運用”です。

若くして、多い給料をもらえると可能性がある美容師は早い段階から資産運用に取りかかる事が出来ます。

23歳から積立NISAで20年積み立てても、43歳です。毎月3万3000円積み立てて、運用率7%で運用出来ると2000万円近くになります。もし6万円積み立てられると5000万近くになる計算になります。

僕のヘアサロンでは給料の売上パーセントは36%です。この数値は給料だけで50万円は可能の%になります。

そして、商品開発や、イベント企画、オンラインサロン開催の出資は会社がして、そこからの収益を得る事を認めています。

そして、カットやカラーの技術を教えると共に大切な人生を設計するために資産運用の知識もカリキュラムに入れています。

美容師が安心して、しっかり稼げる。そんなサロンにしたいですね。

まとめ”ロードマップ”

1.稼げる可能性のあるサロンに就職する

目安”歩合の%が30%以上、35%あれば完全にあり”

2.技術、知識、人間性、オリジナル技術を死ぬ気で学ぶ!

時間や努力は自分への投資と考え2〜3年は頑張る

3.SNSや発信も頑張る!今が正念場だ!

美容師の現場以外の仕事も増やしていく。講師や、商品開発、IT関係

4.増えてきた給料を積立NISA等で資産運用する

5.20年後に資産5000万円を目指す

この辺りがロードマップになります。ひと昔前までは独立しかなかったのですが、現在では独立はかなりのハイリスクになっているので慎重に行動しましょう。

質問あればコメントからよろしくお願いします。

最後までありがとうございました。

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。