市販のブリーチを使ってセルフインナーカラーブリーチ完全マニュアル。メガメガブリーチ編

いきなりですが、インナーカラーとても人気ですね!今では美容の検索ワードでナンバーワンのパワーワードです。

全体のカラーは難しいですが、インナーカラー位のポイントカラーならセルフカラーでも可能ではないか?という事で、こだわりプロが市販のブリーチを使ってインナーカラーを綺麗に入れていくという記事を書いていきたいと思います。

もちろん美容室でインナーカラーを入れた方が綺麗にダメージレスには出来ると思うのですが、セルフカラー、セルフブリーチにもプロの技を入れていきますので最後までお付き合いくださいね!

今回使用するブリーチは、髪トレブログではお馴染みの“フレッシュライト メガメガブリーチ”を使用します。

今回はインナーカラーのみなので、使用ブリーチはメガメガブリーチ1個でブリーチして行く事にします。

インナーカラーブリーチ用意する物は?

メガメガブリーチ(ブリーチ本体)

必須アイテム。今回はインナーのみなので1個用意。(全体でなおかつロングとかなら5〜6個用意した方が良い時もある)

フレッシュライト メガメガブリーチ

フレッシュライト メガメガブリーチ

455円(12/03 02:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヘアクリップ

インナーカラーのブロッキングで使用します。

耳キャップ

耳の保護用。なくても大丈夫だけどあると便利。

保護用ワセリン

生え際をガードする為に使う。ブリーチは皮膚につくと刺激になるので保護する。

ラップ

エアコン等でブリーチが乾燥しないように塗布後に使う。

サランラップ 22cm×50m

サランラップ 22cm×50m

Amazonの情報を掲載しています

アルミホイル

ブリーチ塗布後に貼り付けると、熱がこもって明るくなりやすい。

インナーカラーブリーチをしていく手順

今回はこのウイッグにメガメガブリーチでインナーカラーを入れていきます。

ここから染める部分を分けとっていきます。これをブロッキングと言います。

今回はベーシックなブロッキングでいきます。横から見てちょうど半分の高さをブロッキングします。

幅は耳から1センチ後ろまでとります。

ブロッキングが終わると、次はブリーチの準備をします。

メガメガブリーチの内容

このメガメガブリーチを混ぜていきます。手順は容器の液体にパウダーのブリーチを混ぜます。しっかり振って混ぜたのち、クリームブリーチを混ぜます。そして100回位振ったら完成!

準備はできましたか??

ここから実際に染めていきますね。

ポイントは一つだけ!とにかくたっぷり塗る!したたり落ちる位たっぷり塗布する事が大切!

これくらいは塗布して下さい。理由は簡単、ムラなく明るくしたいからです。市販のブリーチは簡単に塗布出来るようにクシ付きアプリケーターになっている事が多いです。そしてプロ用ブリーチより粘度が低く、シャバシャバなんです。これがプロ用より明るくならない原因。

なのでたっぷり塗布する事が上手く染めるコツです。

ここまでたっぷり塗布したら時間を置いて行きます。ここでもポイント。明るくしたいので毛先をアルミホイルで包むと保温されて明るくなりやすくなります。

こんな感じ。そして軽くラップを巻いて30分放置。

ここまで明るくなりました。もう少し明るくしたいので、ここから追いブリーチをしていきます。指でブリーチをこしとって、残っているブリーチを全て使い、2回目のブリーチをします。(プロは追いブリーチと言い、ブリーチ回数1.5回と数えます。)

本当は新しいブリーチを使った方が良いですが、インナーのポイントブリーチなので、勿体無いので1回目のブリーチをもう一回使います。

30分放置します。

ここまで明るくなりました。そしたらシャンプーして乾かします。

ここまで明るくなりました。市販のブリーチ1回にしてはとても良い結果だと思います。

14レベル程度は明るくなっています。おそらく本当の人の髪の毛でやると15レベル位までいくんじゃないかなと思います。

★ここで大切なポイント

インナーカラーのブリーチした後にどんなカラーにしようか??みなさんどんな色にします?

その目的の色によってブリーチ部分の最適な明るさが決まってきます。

目安を乗っけときます。

ホワイト、シルバー、薄いブルー18.5レベル

濃いブルー、グレー 18レベル

グリーン、ミルクティー17レベル

ピンク、 14〜16レベル

オレンジ 13〜15レベル

ピンクやオレンジは赤みがある色なのでめちゃくちゃ明るくなくても大丈夫です。逆に赤みが全くないようなホワイト系などはほぼ白に近い状態までブリーチする事が必要になります。

必要に応じて希望の明るさまでブリーチしていく勇気も必要です。

今回僕はピンク色を乗せるつもりなので、ブリーチはここで終了します。

では、インナーカラーブリーチ完成後です。

かなり綺麗に明るくなってますね。ちなみにインナーカラーだけでメガメガブリーチ一個使い切りました。

スタイリングしていきます。

軽く毛先を外にな跳ねさせるとこんな感じ。

全体的に巻いてスタイリングしたらこうなりました。

さらに、インナーカラーはハーフアップとの相性もとても良いです。

かるくトップの毛を結ぶとこんな感じになりました。

インナーカラーブリーチは以上になります。皆様、上手に染められたでしょうか?

やはり1番のポイントは塗布量になります。しっかりブロッキングしてたっぷり塗布する事でわりと簡単に出来ると思います。

髪のダメージは正直言って、結構でます。。。やはりダメージを最小限にしたい方は美容室でケアブリーチしてもらう方が良いですね。

インナーカラーのブリーチは手軽に挑戦したい!って事でしたらおすすめですよ!

では、

ここからはピンクのオンカラーを入れていきます。詳しくは別記事でどうぞ。

オンカラー ピンク

オンカラーのピンクはフレッシュライトシリーズのシャンパンピンクを使います。

14レベルのこの状態からスタートします。

同じくしっかり、たっぷり塗布します。

30分後

良い感じにピンクになったので流します。

完成!!

めちゃくちゃ良い感じに染まってますね!

詳しくはフレッシュライト シャンパンピンクを使ってインナーカラー染めてみた。の記事をご覧ください。

市販のブリーチやカラー剤を使う方の参考になればと思います。最後までありがとうございました!

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。