ランニング!速く走って運動強度アップ。

こんにちは!

皆さん筋トレや、運動できてますか?

なかなかできなかったり、続かなかったりしますよね。

私もそうでした。

しかし、

30歳を過ぎたころから

体力の低下や、筋力の低下

心肺機能の低下をすごく感じるようようになり

このままではいかん!

と思い、少しずつ走るようにしました。

そしたら

やはり慣れていくんですよね。

めっちゃとばした日はとても疲れるのですが、

めちゃくちゃ気持ちいいですよ。

やっぱり運動って気持ちいいです。

どうせやるなら

楽しく始めて、楽しく続けましょう!

それでは行きましょう!

ランニングを始めよう

ランニングを始めましょう!

まずはジョギングからスタートです。

ん?

ランニングとジョギング何が違うって?

ランニングとジョギングは走るスピードが違います。

時速6.4キロ(めちゃ早めの早歩きよりちょっと早い)より早く走るとランニングで、

それより遅いとジョギングを呼ばれます。

ですので、まずはジョギングからスタートしましょう。

ここで重要になるのが、

ハードルを下げて始めやすくする事。

とにかく続けれる環境にする事。

この2点に集中します。

スニーカーだけ履いて飛び出しましょう。

あれこれ考えても、走らない理由しか出てきません。

300メートルのコースでも良いし

500メートル、2キロのコースでもいいです。

とにかく、ゆっくり走っていいので始めましょう。

続けるコツは?

まず、お気に入りのスニーカーを買います。

テンションさえあげれるなら、ウエア一式揃えても良いと思います。

とにかく気分を上げましょう!

そして、走り始めます。

最初はしんどいと思うんですが、達成感や爽快感があると思います。

それがランニングの第一歩です!

走っている時は、楽しく走りたいですよね。

私は基本的には好きな音楽を聴きながら走っています。

音楽を聴いてない時は、その時悩んでいる事や考えている事をまとめています。

頭がすっきりしてクリアになりやすいような気がします。

また、ジムで走っている時は映画やドラマを見ながら走っても続きやすいかもしれないですね。

そして、一緒に走る仲間を作る。

これも良いかもしれないですね、同じ目的を持った仲間と色々話しながら走れると絶対楽しいはずです!

 

消費カロリー

では、ランニングによってどの位のカロリーが消費されるのでしょうか?

今回は

ゆっくりめ(ジョギング 時速6.4キロ)と

速め   (ランニング 時速10キロ)

で見てみると

ジョギングの方が一時間走って 260kcal

ランニングの方が一時間走って 550kcal

になります。

おにぎり一個が約200kcalですので、どれ位の消費カロリーかイメージつきやすいかと思います。

しかし、当たり前ではあるのですか、早く走る方が2倍以上のカロリーを消費するんですね。

 

でも、何回も言いますが

とにかく続けることが一番大事です。

ゆっくりで良いので楽しみながら続けましょう。

 

ランニングのメリット

最後にランニングをする事によるメリットをご紹介します。

読まれた後は、そのまま外にGOしましょう。

ダイエットできる

体脂肪が減る

筋肉が付く

運動不足が解決する

心肺機能が向上する

足が速くなる

素敵な出会いがあるかもしれない

1日のリズムができ、ハリのある生活ができる!

個人的には最後のやつが一番大きなメリットのような気がします。

一緒にがんばりましょうね!

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。