オリンピックフィギュアスケートのニュースター、宇野昌磨の髪型に大注目。

こんにちは。

オリンピック熱が最高潮になったフィギュアスケートでしたね。

劇的な結果で見ていて感動してしまいました。

今回のオリンピックでまたニュースターが誕生しました。

宇野選手です。

実力と甘いマスクを兼ね備えた、まさにスターです。

そんなわけで、

今回はオリンピックで大注目の宇野昌磨選手について書いていきます。

髪型を中心に解説していきますのでよろしくお願いします。

 

宇野昌磨選手とは?

宇野 昌磨(うの しょうま、1997年12月17日 – )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。愛知県名古屋市出身。トヨタ自動車所属[2]。 中京大学在学中。

主要な戦績として、2018年平昌オリンピック銀メダリスト、2017年世界選手権2位、2017年グランプリファイナル2位、全日本選手権2連覇(2016年2017年)など。

ISU公認大会において史上初の4回転フリップを成功させたとして、国際スケート連盟に認定された[3]

Wikipediaより引用

そして今回の平昌オリンピックで個人銀メダル。

技術もメンタルもとんでもない超人です。

 

宇野昌磨選手の髪型

宇野選手は競技中は前髪を上げていることが多く、競技中以外は下ろしている事が多いです。

このスタイルはベーシックな宇野スタイルですね、すこし長めの前髪にと程よく当てたパーマが特徴的なスタイルです。

今風の雰囲気、おしゃれ感もしっかり出て、少し女性ぽさも感じるスタイルです。

 

このスタイルも前髪を下ろしたスタイルです。

耳周りが短めに切りこまれてすっきりカットされています。

トップも少し短くカットしてありパーマとの相性が非常にいいですね。

このスタイルの場合は前髪にパーマは当てなくても大丈夫です。

 

競技後のスタイルです。

前髪がちょうどよく下りている感じの、前髪上げ下ろしスタイル。

オンとオフを前髪の感じで変えましょう。

パーマは基本スタイルはオールバック気味に当てるようにすると近い雰囲気のなります。

 

完全に男らしいスタイルです。

サイドを少し短めにカットして、軽くかぶせるようなナチュラル2ブロックがポイントになります。

全体にオールバックにパーマを当てます。

そして、最大の特徴が男らしく前髪を上げている所ですね。

このスタイリングのポイントはしっかりパーマを当てる事と、ジェルを使ってスタイリングする事です。

宇野スタイルの肝になるので同じスタイル希望の際はしっかりおさえましょうね。

 

最後のおまけにかわいらしいクルクルパーマバージョンです。

前髪までパーマを当てると、急激にパーマ感が出てきます。

ここまでパーマ感を出すのはちょっと厳しいという時は前髪にパーマを当てなかったらちょうど良いとおもいます。

 

さいごに

今回は今大注目の宇野昌磨選手の髪型についてまとめました。

真似しやすく、抜群にオシャレな髪型なので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。ありがとうございました。

 

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。