「髪質改善」って本当に可能?!サロンで行う髪質改善と自宅でのホームケア!!!

誰しもキレイな髪が良いですよね。そこで、噂になっているトリートメントはご存知ですか?

髪のダメージや乾燥が気になる人、美髪を保ちながらヘアカラーやパーマを楽しみたい人必見です。

今1番人気があるのはTOKIOインカラミってトリートメントが有名で人気です!!

TOKIO 0~4の5種類の薬剤を使用し、髪の内部組織にインカラミ成分のケラチンをからめて、毛髪繊維を整えて髪質改善をはかるシステムトリートメントです。

そもそも、髪の毛のダメージについて知ろう!!

ダメージと関係が深い毛髪成分は「ケラチンタンパク質」。カラーやパーマ、そして紫外線など様々な要因でキューティクルがはがれ、毛髪内部のケラチンタンパク質が流出してしまいます。毛髪内部の実に70%も占めているケラチンタンパク質がなくなると毛髪はスカスカに。

ケラチンタンパク質が、健康な髪にとって一番重要なものだということです。

下記に思いあたる人は、是非サロントリートメントを!!!

  • 最近、毛が痩せてきた
  • 絡まってクシがとおらない
  • ゴワつき、パサつきが気になる
  • 毛先がプチプチ切れる
  • ヘアカラーの色持ちが悪い
  • 毎日アイロン、コテを使っている

ホームケアで気をつけることは?

髪を乾かす前に必ず トリートメント剤を!

トリートメントで髪を保護してからドライヤーで乾かすことが大切。

シャンプー、トリートメントを良質な物に変える!

シャンプー

毎日おこなうシャンプーなので髪の毛に良いものを。シャンプーはアミノ酸系やアルコールフリーの低刺激のものを選ぶことで頭皮への刺激を抑えることができ、髪質改善メニューやカラー・パーマの持ちも向上します。

ちなみに市販されているアミノ酸シャンプーのほとんどは、石油系や石けん系の洗浄成分にアミノ酸を少量混ぜただけのシャンプーが多く販売されています。クオリティの高い本物のアミノ酸のシャンプーを使い続けることで髪を健康に美しく導きます。

洗い流さないトリートメント

髪をドライヤーで乾かす前に必ず使っていただきたいのが洗い流さないトリートメントです。髪のダメージの原因はさまざまで、カラーやパーマによる薬剤ダメージ以外にも、乾燥(冷房・暖房)・摩擦(ブラッシング・シャンプー・タオル)・紫外線・空気湿度など日常的に外部からのダメージを受けています。

ダメージ毛になると内部の水分やタンパク質が失われ乾燥し、ボワッと広がり、まとまりにくくなります。ドライヤーの熱や乾燥から髪を保護しながら、髪のコンディションを整えていくためにも洗い流さないトリートメントをおすすめします。

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。