美容師が教える!超簡単に赤ちゃんの髪を【安全】に可愛いく切る方法はレザーに有り!

こんにちは。

突然ですが赤ちゃんの髪っていつ切っていますか?美容室に行くのはある程度大きくなってからですか?でも、赤ちゃんの髪って意外と伸びますよね??

前髪が目に入りそう、、

所々伸びてきて、バラバラになっている、、

襟足だけぴょーんと長くなっている、、

赤ちゃんあるあるですよね。

お客様にもよく質問されますが、皆さん赤ちゃんの髪のカットはどうしていますか?

今回は僕が”美容師”の立場と”父親”の立場から超簡単にかっこよく、可愛く、何より”安全”にカットする方法を教えます。最後までご覧下さい。

僕は美容師なので、お客様に赤ちゃんのカットを頼まれる事があります。もちろんカットさせてもらう事もありますが、まずは家でのカットをおすすめしています。

理由は2点

1動かずにカットさせてくれる赤ちゃんは多くない。

2寝ている時や、切らしてくれそうな時のタイミングが分かりやすい。

 

やっぱり自宅の方がリラックスしているので嫌がったりせず、カットさせてくれやすいんですね。僕も自分の子供が赤ちゃんの時は家でタイミングを見ながら切っていました。

でも、家でカットって難しいじゃないの??そう思いますよね?何よりハサミを使うと怪我しそうで危ない。

実は簡単にカッコよく、可愛く、自然に、安全にカットする方法があります。

その方法は“レザー”を使ってカットする方法です。

ん??レザー?聞いた事ないな。という方も多いと思います。

今回はレザーとは何?レザーのメリット、レザーの使い方をご紹介します。もちろん僕も同じ方法でカットしていますのでご安心下さいね。

レザーとは何?

レザーとは髪の毛用のカミソリの様な道具の事を言います。

これです。見たことありますか??

ずっと昔のおばあちゃん美容師さんや、技術が好きなハイセンス美容師さんなどが使っています。

レザーの刃の部分を髪の毛に当てて小刻みに動かす事でバツっとならない、自然で雰囲気のあるスタイルになります。

個人的にはショートやボブなどの短めスタイルや顔周りのニュアンスを出すために使う事が多いです。

特に赤ちゃんのカットには抜群に使いやすくあっという間に終わってしまいます。

レザーの刃の部分には安全ガードが付いているので安心して使えます。

よく見ると刃の部分にギザギザしたガードついていますよね?僕は仕事ではオレンジとシルバーの2つを使っています。色違いなだけなので2つとも同じ商品になります。

値段もまさかの3000円以下で買えてしまいます。記事の最後にリンク貼っておきますね。

 

次に赤ちゃんのカットやキッズカットで多い失敗例をあげます。

カット失敗パターン

1バツっとブツ切り状になってしまう

2ガタガタになってしまう。

3量の調整や、すきバサミの使いかたがわからない。

 

おおよそこの辺りがあげられるかと思います。この失敗の多くはハサミを使ってカットするから起こる失敗ですよね。これならまだ、すきバサミのみでカットする方が良さそうです。(すきバサミとは→量調節用の刃がギザギザになったハサミ)

何よりハサミを持っている最中に激しく動かれると危険です!

バリカンでも安全ですね

次はレザーでカットするとどうなるか?

レザーのメリット

1毛先が自然でバツっとブツ切りにならない。

2毛先に重みがないので基本すかなくてもOK。

3長い部分を直感的にカット出来るので簡単。

4何より安全カット出来る

レザーの最大の特徴は毛先を自然に軽くカット出来る事にあります。もちろんレザーにも相当奥深いテクニックがありますが、ハサミと比べると美容師さんじゃない方でも簡単に扱えます。

というか、ハサミの場合は必ずガタガタや斜めになります。

レザーの使い方

レザーの基本的な使い方は簡単です。

長いと思う部分をつまんで小刻みに動かしながら切るだけです。

赤ちゃんのカットをする場合の手順は

前髪、サイド(耳回り)えりあし。そして反対側。

つまり生え際をぐるっと一周まわりながら長い所をつまんでカットするだけです。

前髪

長い所をつまんで、、

ストロークして切っていきます。削るイメージですね。

長い所をつまんで、、

上から下へストロークしていきます。

こんな感じで進めていきます。

サイドへ行きます

クシでといて、、

指でつまみます

刃をあてて、下にストロークしていきます。

もう一回、、

下へストロークしていきます。

慣れるまでは小刻みに動かした方が失敗は少ないと思います。

動かし方の見本お動画です。

簡単にとても自然にカット出来ますよね!

 

とは言え、レザーにも大切な注意点があります。とても大切なポイントなので次で説明していきます。

 

レザーの注意点

1必ず濡らした髪を切る事

乾いている髪に直接レザーを使うとザクザクっと引っかかってしまい上手く切れません。赤ちゃんが痛がってしまうと、次から切らしてくれなくなるのでしっかり濡らしてか、切る様にしましょう。

お風呂上がりや、お風呂中だと安心です。また、水スプレーを使う場合ムラにならないようにまんべんなく濡らして下さい。

ちなみに僕は前髪カットなどの場合は水スプレーを使う事が多いですが、全体カットの場合はお風呂場で風呂中にカットしています。

2基本的に肌が切れる事はないが、肌に強く押し当てて横にスライドすると切れる場合もある。

レザーの刃には安全ガードが付いているので基本的に肌が切れる事はありません。ですが肌には当てないように髪の毛だけカットして下さい。

濡れている髪をカットする時は少しだけ長めにカットする事をおすすめします。これは乾くと短くなりすぎる失敗を防ぐためです。

3カットし終わるとレザーから刃を抜き取り処分しておきましょう。

今のレザーの刃はかなり錆びにくく優秀です。ですが、かなり頻繁にカットされる方でも数週間に一度ですので錆びる事があります、質の落ちた刃を使う事だけはやめましょう!引っかかり痛くなります。

 

まとめ

今回は以上になります。実際に僕が3人の子供のカットをする為に1番簡単かつ、1番安全に良い感じにカットするにはどうしたらいいかな??と考えて実践している方法なので間違いないです。

レザーやレザーの刃はAmazonや楽天でも安価で簡単に買えるのでぜひ一度試してみて下さい。

一応自分が使っているおすすめのタイプを載せておきます。

最後までありがとうございました。

僕の使っているレザーです。とても安くいい商品です。

替え刃の購入のお忘れなく。理想は一回のカットで付け替える事。衛生的で切れ味も抜群です。

僕は毎回刃を付け替えるのでお得な5個セットを買っています。

赤ちゃんのカットでは本当に便利な道具でおすすめです。

一度お試し下さいね。

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。