美容師が教える、朝の忙しい時間に簡単にスタイリングする方法!時短の為のスタイリングの種類も紹介。

こんにちは。

毎朝バタバタ忙しいですよね。余裕を持って準備したいものですが中々難しいものです。

髪の毛のスタイリングはしっかりしたい、、

でも、時間が、、、

しかたない、スタイリングは無しで行こう!

ちょっとストップ!!

確かにそんな日もあります。でも毎日に近くなってくるとせっかく綺麗にできるのに、少しもったいないですよね。

もしかしたら、そんな何もない日に素敵な人と出会うかもしれない。

ならば、少しだけスタイリングに目を向けてみましょう。

もちろんスタイリングするので多少の時間はかかります。

なので、今回は時間別でまとめてみましたので参考になれば嬉しいです。

では、いきましょう!

 

スタイリング剤を使おう

所要時間2分

まずレベル1です。

スタイリング剤を使いましょう。

実はこの工程がものすごく大切なのです!この後でてくるスタイリングも、最終的には必ずスタイリング剤を使うので1番大切な工程です。

さて、ここは本当に時間がない時のパターンなので、ポイントになるのは、

中間から毛先に付ける

少し多めに付ける

という事です、

おすすめのスタイリング剤は

シアバター系の固形トリートメント

緩めのワックス

オイルワックス

です。持っているものがあれば、それを少し多めにつけます。なければ美容師さんに相談しながら買いましょう。

少し多めに付けると寝起きのはねた髪でも、それっぽくまとまります。スタイリング剤を付けると付けないでは仕上がりに相当な違いがでますよ。

ドライヤー

所要時間6分

ボブの方必見。早くてツヤも出る、はねない髪の乾かし方。

所要時間には全てスタイリング剤を付ける事を含みます。

はねている所、寝癖がついている所だけを直します。

水道から水を出してクセが付いている所だけ濡らします。

そして少し引っ張りながらドライヤーします。熱効果で少し髪の毛が真っ直ぐになりやすいです。

おすすめはスタイリング剤は

固形のシアバタートリートメント

オイル系トリートメント

スプレー系トリートメントメント

ミルクワックス

クルクルドライヤー

所要時間10分

ドライヤーのみ時よりクセが出ていたり、収まりが悪くはねている状態からスタートするイメージでいきます。

霧吹き、スプレイヤーで30〜40%ほど濡らしてスタートします。

前回と同じように、かるく引っ張りながらドライヤーして乾かします。

そして、90〜95%乾いた時に、毛先のみくるくるドライヤーを使っていきます。

クルクルドライヤー、本体はパワーも弱く単純に髪の毛を乾かすのに時間がかかるので、仕上げのみで使う方が効果的でおすすめです。

ポイントは、もみあげ、襟足にはクルクルドライヤーを根元からしっかり差し込み、立ち上げるようにスルーすることです。

個人的にはパナソニックのナノケアはかなりおすすめです。

基本的にストレートで真っ直ぐという事をベースに考えます。ナノケアの場合毛先の軽めに内巻きは簡単です。

オススメのスタイリング剤は

オイル系トリートメント

オイル系ワックス

ミルク系ワックス

スプレートリートメント

などです。

中間から毛先に付けて収まりを重視しましょう。

ストレートアイロン

所要時間5分から15分

ストレートアイロンはとても万能です!もし、持っていなければ、とてもオススメなのでご購入を検討されてもいいかと思います。

所要時間に差があるのは、最短ですと朝起きて、髪が乾いてる状態でそのま前髪と、中間からから毛先にのみストレートアイロンするだけです。

アイロンが温まる時間も込みで5分で終わります。

最近多い、外ハネ系ボブもストレートアイロンで作る方が早くて簡単です!アイロンで真っ直ぐにしながら手首を返してクイッとひねると、内巻き、外巻きのワンカールが作りやすいです。

ワンカールスタイルにはストレートアイロンが圧倒的にオススメです!

そして、なんとストレートアイロンはウェーブヘアを作る事もできるのです!

まさに万能!家でのスタイリングとしては一番おすすめのスタイリングアイテムです。

 

また、朝シャンをする場合、乾かしてアイロンになるので、その分が追加され15分位はかかります。

オススメのスタイリング剤は

シアバター系トリートメント

ワックス セット力 弱から中

スプレータイプのワックス

オイル系ワックス

 

コテアイロン

所要時間10分から30分

簡単でかわいい、すぐ出来る髪の毛の巻き方。コテのサイズ、太さ別に解説します。【前編】

コテのスタイリングも乾いてる状態からスタートできれば15分位で完成できます。

コテの一番の利点はミックス系のウェーブスタイルを作れる点です。(毛先のカールだけならストレートアイロンの方が早かったりするので。)

しかし、これには多少練習が必要にはなるのですが、慣れると割と簡単なのでぜひトライしてみて下さいね。

 

コテのポイントは

工程1 毛先だけワンカールで巻く。時間がなければ、このままスタイリング剤で仕上げてもオーケーです。

工程2 先に毛先だけ巻いてるので、中間だけミックスで巻いていく。毛先は巻かない。(毛先までキレイに巻き込むのが難しいです。このように分けて巻く事で、自然なカールが作れて、なおかつ失敗が少なく、簡単にできます。)

そしてスタイリング剤をつけます。

オススメのスタイリング剤は

緩めのシアバター系トリートメント(ウェーブに絡ませたいので伸びが良いタイプです)

ミルク系ワックス

オイル系ワックス

水分が少ないムースタイプのスタイリング剤

もおすすめです。

アレンジヘア

所要時間5分から30分

最後はアレンジヘアです。

アレンジヘアは本当にバリエーションが豊富で、ぜひ挑戦して頂きたいです。

基本は、

編み込み

お団子

ポニテール

の3パターンに分かれます。

(やり方など詳しくはまた別ページであげますね)

さすがにここまですると朝の時間に余裕が出来なくなるかもですので、アレンジでの私のオススメは

夜の内か、もしくは朝起きて直ぐに髪の毛をツインテールで緩めに三つ編みにしてしまいます。

そのまま30分から1時間ほどでほどくと、緩い外国人風ウェーブ外国人できています。

作ってしまうと、ほっといても完成するので、ながらのスタイリングにはとてもオススメです。

アレンジヘアの場合まとめる前に少し多めにワックスをつけます。

オススメのスタイリング剤は

ワックスセット力 中

ミルクワックス セット力 中

まとめ

朝の時間は本当に貴重ですね!

そうなってくると、1番大事になってくるのは、夜の寝るまでの下準備になります

しっかり乾かして寝る。(クセがつきにくい)ストレート向き

緩めに三つ編みにして寝る。(ナチュラルウェーブになりやすい)朝にコテでカールをプラスしてもオーケー。

この辺りを意識する事が1番の時短になるかもしれません。

記事を通して少しでもお手伝いができたら本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。