髪に求めるもの、一位はいつもツヤやかな髪。

皆さんは髪の毛に求めるものは何でしょう?

やはり、ツヤではないでしょうか?様々なアンケート情報でも上位ですね。

テレビや雑誌で見る素敵な女優さんやモデルさんもツヤツヤな髪の毛でうらやましいですよね。

今回はそこを目指して簡単お手入れポイントをお伝えします。

  1. 髪の量をできるだけ減らさない
  2. 洗い流さないトリートメントを必ず使おう
  3. 正しいドライヤーの使い方でツヤツヤにしよう。

 

 

 

1.髪の量をできるだけ減らさない

じつはコレ、何気に一番大切だったりするんです。

ブログ内で何度か紹介していますが、髪の毛というのは必ず毛先からダメージしてきます。

髪の量を減らすという事は量をすいて、短い髪の毛を作るという事です。そうすると髪全体の中に毛先が中に入り込み毛先の面接が広がり結果的にダメージに、そしてツヤが失われます。

もちろん毛量がきになる場合がほとんどだと思いますのでほどほどに減らすのはオーケーです。減らしすぎ注意。

 

2.洗い流さないトリートメントを必ず使おう

洗い流さないトリートメントを必ず使いましょう。オイルタイプが幅広い髪質に対応しています。

お風呂上りで髪を乾かす前に使います。(最近はお風呂の中で使って流さずにあがる事が多い)

もっちり仕上げにしたければゲル、クリームタイプを使いましょう。オイルと混ぜて使う裏技もあるよ。

髪の中間から毛先に付けたら粗目のクシで4回、5回ときます。やり過ぎは禁物。

なじんだら乾かしましょう。

 

3.正しいドライヤーの使い方でツヤツヤにしよう。

乾かしていきましょう。ドライの基本は根元(頭皮)から先に乾かす事です。

頭皮を先に乾かしていくのですが、そこまで重要ではないです。それよりもっと重要なポイントは

ドライヤーの熱と風でキューティクルを整えていくという事です。

まずドライヤーの風を頭頂部から当てていき、逆毛が立たないように毛先に向かって乾かしていきキューティクルを整えていきます。この段階でツヤが出てきます。(美容室で言うハンドブローってやつですね)

完全に乾かして下さい。生乾きはダメですよ。

そして最後に冷風にして髪全体にあてます。少しキューティクルがしまりやすくなり、スタイルが固定されやすくなります。

ほらっ、もういつもよりツヤツヤでしょ?

 

最後に

今回は簡単だけど大切なポイントのお話でした。

いつも使うヘアケアやドライヤーだけに使いやすくて効果的な物の方が良いかもしれないですね。

またおすすめドライヤーとかの記事で書きます。

やってみると簡単にできて結果がすぐにでるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。