白髪染めの頻度はどれくらいがベストなのか?

こんにちはー、オノです!

 

今回もよく聞く質問で

白髪染めの頻度はどれくらいでするのが良いですが?

という質問がありましたので

それを僕なりに考えていきたいと思います。

 

白髪に悩んでいる方は多いですよね。

本当に気持ち分かります。

白髪ってほんと印象を変えちゃいますもんね。

もう、そもそも白髪生えなくなる薬を開発したい!

 

白髪が生え始める年齢は人それぞれですが、

早い方で、10代から生えている方もいらっしゃいます。

 

もちろん20代はそれ以上に多くなります。

でも、やはり気になり始めは30代に入ってからが一番多いですね。

 

35歳位から根元のカラー剤を白髪も染まるように

白髪染めとファッションカラーをブレンドして作っていきます。

 

40代から上になると、根元はほぼほぼ白髪染めを使うことが多いですね。

 

さて、ここから本題に入りますが

白髪染めの頻度はどのくらいがいいのか?

 

これは白髪の量(多さ)にもよるので一概に正解を答えるのが難しいですが、

しいて言うならば、

気になってきたら染めればいい。

これが正解です。

 

なんじゃそりゃ、って話ですが

結局のところ、白髪が気にならなくなったらいいので

これが一番正解に近いと思います。

 

もちろん目安や、注意点もあります。

次は僕が思う注意点を書いていきますね。

 

白髪染め頻度

 

2週間から3週間

一か月弱での白髪染めですね。

この頻度になってくると、相当白髪の量が多いことが予想できます。

そして、美意識も高く、美容代に使える予算もたくさんありますね。

このレベルですと他の人からすると、

いつもキレイにしていて白髪が伸びてる所を見たことないわ。って感じでパーフェクトです。

 

注意点は

短期間でのカラー剤の使用による、頭皮への炎症やダメージですね。

人それぞれですが、頭皮が弱い僕の経験上、

カラーした後に頭皮がかゆくなったり、少ししみたりした場合は2週間くらいかけて正常な頭皮に戻っていく感じなので、頭皮が弱い、敏感な方には早すぎる頻度なのかもしれないですね。

 

1か月

白髪がそこそこ多くて、かなり気にされている方が多い頻度です。

髪の毛は1か月で

1㎝から1.5㎝伸びるので確かに気になりはじめる時期ですね。

おそらく平均するともう少し間隔は空くと思うので、

1か月に1回の白髪染めはかなり美意識が高く優秀です!

 

今の所ベストかなーと思います。

 

1が月半

この位が一番多いかなと思います。

もちろん白髪の量にもよるので一概には言えませんが、

明るめのカラーでなおかつ白髪も染めるためには、この位の頻度でカラー出来ると良いと思います。

 

2か月以上

ちょっとベスト頻度よりは間隔が空きはじめたかなと思います。

通常のファッションカラーなら良いんですが、今回は白髪染めの話なので

少しきびしくなってしまい申し訳ないのですが、これもキレイの為です。

 

2か月以上空くと3㎝以上伸びてくるので、そうなると明るめの白髪染めが出来なくなってきます。

明るめの白髪染めをするのに必要な事は2つ

頭皮の熱

たっぷりの薬剤

白髪部の毛が伸びていると、この2つが作用しにくくなり、しっかり染まらなくなります。

結果白髪がキラキラ浮いている薄染まりの感じになるか、

しっかり染まる暗めの薬剤を使い、暗めに染める感じになってしまいます。

 

出来る事ならもう少し頻度をあげた方が良いかもしれませんね。

 

さいごに

今回は白髪染めの頻度について考えてみました。

とは言え、本当に人それぞれなので参考にしてもらえるとありがたいです。

 

また、最近ではフロントの生え際や分け目だけ自宅でササッと染めるようなカラー材も出ています。

その場合ヘアマニキュアはあまりおすすめしませんが(次にカラーする時ごくまれにすごい変な色になる事がある)、

部分リタッチ用のカラー材も探せば販売されているので、そんなアイテムを使ってみるのも良いかもですね。

 

探してみました☆

このタイプはヘアマニキュアじゃなくアルカリカラーみたいです。

白髪と白髪染めを知ろう!悩み解決までの近道。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。