ベリーショートが絶対おすすめ!ベリーショートのメリット、ケア方法、スタイリングのコツを紹介します。

こんにちは(^^)

町を歩いているとベリーショートヘアのおしゃれさん達を見かけますよね。なぜかだかベリーショートはとてもおしゃれに見えます。

この記事を読んでいただいてるあなたはベリーショートでしょうか?もしくはベリーショートにしようか迷い中でしょうか?

そんなベリーショートですがシャンプーやドライなどは時間もかからず、とんでもなく楽です。

しかし、ベリーショートにはハイトーン(明るい色)が似合う事もあり実はしっかりとしたケアが必要な髪型であったりもします。

この記事ではベリーショートの素晴らしさや、ケア方法、お手入れ方法やスタイリングのコツまでご紹介していきますので最後までお付き合いください。

ベリーショートのメリット

ベリーショートのメリットは多くあります。

  1. 圧倒的におしゃれ
  2. すべての手入れが早く、時短できる
  3. シャンプー、トリートメントが楽
  4. 髪が乾くのが早い
  5. 短いのでハイトーン(明るい髪色)に挑戦しやすい
  6. シャンプーやトリートメントの節約になる

これらの6つは確実なメリットになります。

1つずつ見ていきましょう。

1.圧倒的におしゃれ

ベリーショートは圧倒的におしゃれです。今ベリーショートにされている方はもちろん、いつか短くしたいなーとお考えの方も一度は目を奪われた事があると思います。

また、くせ毛で悩んでいる方もここまで短くカットすると広がりなどのくせ毛の影響をうけにくくなります。それどころかくせ毛の方が雰囲気のあるベリーショートになりやすくなります。

2.すべての手入れが早く、時短できる

言わずもがな、髪が短いと凄まじい時短になりますよね。ミディアムやロングと比べて5倍程度の時短が可能になると思います。

3.シャンプー、トリートメントが楽

その中でも特にシャンプーする時間、トリートメントにかける時間は段違いに早くなりとても楽にシャンプー出来るようになります

4.髪が乾くのが早い

髪を乾かす時間は圧倒的に早いです。5分もかからずに乾きます。もはやドライヤーを使わなくても乾きますが、寝ぐせや髪がはねる事があるので必ずドライヤーは使うようにしましょう。

5.シャンプー、トリートメントの金銭的節約になる

シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメント、スタイリング剤。すべて入れるとけっして安くはないはずです!しかしベリーショートならこれらの使用量は半分以下になり相当の節約になります。

 

ベリーショートのケア方法

シャンプーは市販されているシャンプーより美容室専売品の方がオススメできる物は多いです。

手順

1.シャンプー

2.トリートメント

3.アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)

4.ドライヤーでドライする

ベリーショートだからといって適当なケアをしていいわけではありません。なぜならベリーショートしている方はハイトーン(明るい髪)の方が多いのです。これはベリーショートのメリットなんですが、短い髪の場合ブリーチされている方も多く、僕も実際お客様によくブリーチオンカラーをおすすめします。

だってベリーショートにハイトーンカラーは最高のコンビですから(^^)

そんなわけでしっかりケアしていきましょう。

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーを使います。市販されているラウレス硫酸系のシャンプーは控えるようにしてください。

トリートメントは毎日しっかり使って下さい。

中間から毛先につけて5分ほど放置します。その間に体を洗ってしまいましょう。

その後しっかり流して下さい。(ロングの場合は80%ほど流して20%トリートメントを髪に残しますがベリーショートはしっかり流して下さい。)

やさしくタオルドライをしてから洗い流さないトリートメントを少量毛先につけてクシで馴染ませて下さい。

その後ドライヤーで乾かしましょう。3分ほどで完全に乾きます。

 

ベリーショートの乾かし方

ベリーショートの乾かし方のポイントをまとめます。

 

1.根元を乾かす

※ドライヤーを持つ前に大切なポイントが1つ、乾かす前にクシなどで分け目をつけないようにして下さい。

次にドライヤーを持って乾かしていきましょう!ドライヤーの基本は根元を乾かす事にあります。後ろ(後頭部)から乾かしていき前向かって乾かしていくと収まりがよくなります。

前髪のくせ毛が気になっている場合は前髪から乾かして下さい。

2.毛先を乾かす

次に毛先を乾かしていきます。とはいえベリーショートなのでこの段階でほぼ乾いているでしょう。気持ちだけ毛先を乾かしている意識で完全に乾かしてしまいましょう。

ちなみにショートだからといって自然乾燥はあまりよろしくないですよ。洗濯したTシャツを丸めて廊下に放置しているようなものです。衛生的にも良くないですよね。すぐ乾くのでしっかり乾かしましょう。

 

ベリーショートのスタイリング方法

ベリーショートに使用するスタイリング剤は4種類あります。スタイリング方法は基本同じになるのでご紹介します。

スタイリング方法

スタイリング剤を掌にとりすり合わせるようにしてしっかりのばします。掌全体で優しく髪につけていきます。頭皮にはつけないようにしながら、シャンプーをするように細かく手を動かし、髪の中間から毛先に均等につけていきます。

全体につけ終わると髪型を整えて完成です。

1.ワックスを使う

一番多いスタイリング剤がワックスです。柔らかめから固めまで目的にあった硬さを選んでください。悩んだ場合は真ん中のセット力★★★☆☆のタイプを使ってください。

しっかりスタイリングしたい方におすすめ

2.バーム(シアバター系スタイリング剤)

こちらの人気の高いタイプのスタイリング剤です。バームの場合セット力はほぼありません。主成分がシアバターなのでトリートメントになります。適度に髪がまとまり自然なツヤ感がでます。また香りもナチュラルなものが多いです。

ナチュラルなスタイリングにしたい方におすすめ

3.オイル

ナプラポリッシュオイルが人気に火をつけたスタイリング剤です。簡単に濡れ髪風のスタイリングになります。いっきに雰囲気がでておしゃれな感じになります。

濡れ髪風のスタイリングにしたい方におすすめ

4.ジェル

バッキバキにスタイリングされます。手直しする場合は手を水で濡らして直すようにしましょう。

ツンツンのパンクヘアにしたい方におすすめ

ベリーショートのデメリット

一応ベリーショートのデメリットを紹介します。

1.メンズっぽくなる

個人的にはショートの方が女性らしさが増すように思いますが、一般的には男ぽくなるという意見の方が多いようです。

2.寝ぐせがつきやすい

正直、寝ぐせはつきやすいです。しかし、たとえ寝ぐせがついてもすぐに直せてしまいます。

3.美容室に行く頻度が増える

これも人それぞれかな~と思いますよね。たしかにロングヘアよりは髪が伸びた感じが分かりやすいと思いますが、もし仮に伸ばしたいなら切らなくても大丈夫です。つまり頻繁に美容室に行く必要はないと言えます。

とはいえ伸ばし中なら全く美容室に行かなくていいという分けではありません。

次はベリーショートから伸ばしていく方法をご紹介します。

ベリーショートから伸ばす方法

ベリーショートから伸ばしていく場合におすすめの髪型を紹介していきます。

ベリーショート→ショートボブ

初めはショートボブを目指していきます。ベリーショートにカット後3ヵ月ほど伸ばして、えりあしをメインでカットするとショートボブになります。

ショートボブ→ボブ

その後4ヵ月ほど伸ばして、サイドとえりあしをメインで切ります。完全なボブにはなりませんが伸ばしていくには問題ない形になります。

ボブ→ミディアム

ここまでくると、きっちりカットしてあればそのまま放っておいても大丈夫になります。

とはいえ、毛先の枝毛やダメージが気になるとは思いますので3ヵ月一回程度美容室に行き、カットとトリートメントを交互にしていく事をオススメします。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?ベリーショートの魅力が少しは伝わりましたでしょうか??

長い人生において一度はしてみたいベリーショート。そのタイミングはもしかして”今”なのかもしれません。

ぜひ挑戦してみて下さいね。

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。