ソフトモヒカンなんかモヒカンじゃ無ぇ!!かっこいいハードモヒカン特集!!

こんにちは。

いきなりですが、”ソフトモヒカン”一度は聞いたことのある髪型だと思います。

昔あったね、そんな髪型~。そんな感じだと思います。

最近ではフェードスタイルという髪型が大流行してソフトモヒカンやウルフカットが下火になり影を潜めていました。

しかし、次にくる髪型としてレイヤーカットやウルフカットの人気が再燃し、再び注目されてきています。ファッション同様、髪型もカジュアル化してきているのは間違いないです。

そんな再注目のソフトモヒカンですが、、、、モヒカンに”ソフト”なんて存在しねぇ!”ハード”じゃないとモヒカンと言えねぇだろ!という方もいます。

今回はそんなハードモヒカン好きに送る記事にします。新しい髪型を探している方、ハードモヒカンに挑戦したい方の参考になればうれしく思います。

よろしくお願いします。

 

モヒカンとは?

モヒカン刈り(モヒカンがり)は髪型の一種。日本語では棟髪刈りとも呼ばれる。頭部の左右を丸刈りあるいは剃髪して中央部分のだけを残す髪型で、一見ニワトリのトサカのように見える。1970年代パンク・ファッションにより流行し、1980年代に多様なモヒカン刈りが生まれた。 今日ではパンクに限らず様々な文化で見ることができる髪型になっている。

マーズ・サイエンス・ラボラトリーの管制室の職員、ボバック・ファードーシが赤と黒のモヒカン刈りに黄色の星を配して、インターネット上で瞬く間に注目を集めた[1]

日本では「モヒカン刈り」(Mohican hairstyle)の呼称が一般的であるが、この呼称はパンク・ロックと共にイギリス英語として輸入した語であり、アメリカインディアンであるモヒカン族との関連は薄い。また、「モヒカン」も本来の発音は「マヒカン」に近い。

アメリカ英語では、モヒカン族と同様にインディアンの一部族であるモホーク族の髪型に由来するモホーク刈りMohawk hairstyle)の呼称が一般的である。アルゴンキン語族と呼ばれる北東部のインディアンたちは、一般的に弓を射る際に邪魔にならないよう、頭の両側を剃りあげていた。歴史的に見ても、インディアンの中でモヒカン族だけがこの髪型を特徴としていた訳ではない。

ウィキペディア参照

男らしさをすべて詰め込んだような髪型がこの”モヒカン”になります。次はハードモヒカンの髪型を見ていきましょう。

 

ハードモヒカン

ハードモヒカンです。サイドは1mm以下のバリカンで剃り、センターのみ長くしてているザ・モヒカンですね。

モヒカンの王道!モヒカンを世界に知らしめたのはこの人です。挑戦しやすい長さのオールドスタイルです。

 

センターが短めのモヒカンです。オールドスタイルでしっかりした体格の男に似合います!

 

本当のウルフモヒカンとはこの事。長めに残した襟足が男らしさの色気を発揮させています。

 

徐々に長くなる(短くなる)スキンフェードを取り入れたモヒカンで今風のおしゃれモヒカンですね。もみあげはほぼスキンなのでヒゲとの相性も抜群にグッド!

30代からのかっこいい男の刈り上げ髪型!30代からの刈り上げは”フェードスタイル”!

おしゃれなハードモヒカンです。最近まで大流行のフェードスタイル(スキンフェード)からのセンターだけ長く残し立ち上げるモヒカン。気品とパンクとの融合。

 

こちらもスキンフェードとのミックススタイルですが、センターとサイドの境目にカミソリでラインを入れています。そうする事でメリハリを利かせる事ができ、よりセンターを引き立てる事が出来ます。

このスタイルは後頭部(バック)をかなり上の方に上げた珍しいモヒカンです。ジェルやハードスプレーでガチガチにスタイリングを。

 

ソフトモヒカンなんて、、、!!今にも心の声が聞こえてきそうなハードモヒカン。本当にカッコよく見えてきたんじゃないですか?

世界のネイマールだってしっかりモヒカンしています。サッカー上手くなりたい少年はとりあえずモヒカンからスタートしていきましょう。

ここまでは”男らしさ”のモヒカンにクローズアップしてきましたが、次はヘアカラーをして究極ともいえるおしゃれモヒカンを紹介します。

ハードカラーモヒカン

パンクな女性のおしゃれモヒカンです。女性らしい長さがあるモヒカンスタイルになります。

このスタイルはスキンフェード+ハードモヒカン+白メッシュという最高峰のモヒカンになります。このスタイルもヒゲとの相性が抜群にいいですね。

 

ハードモヒカンと言えばこのスタイル!金色まで色を抜いてハードにスタイリングしていきましょう。

 

綺麗なピンクに染められた気品あふれるハードモヒカン。短く切られたサイドにもうっすらピンクがかっていますね。ピンク色が気になる方はこちらをご覧ください。

髪をピンクにする方法、やり方、4つのピンクをご紹介。あなたの好みのピンクはどれ??

ブルーの髪色をロールさせている、これまた最高峰のハードモヒカンです。ここまでくるともはや芸術。

 

もはや要素が多すぎてよくわからないスーパーハードモヒカン。モヒカン好きの最終形態がこのスタイルであることは間違いありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はソフトモヒカンにあきて次なるステップに進みたい方。

ハードモヒカンをこよなく愛している方に向けての記事になりました。

ハードモヒカンにする場合のカラーは原色系のヘアカラーがよく合いそうです。ブリーチをしてマニックパニックなどの塩基性染料のヘアカラーを使ってみましょう。詳しくはこちらから

鮮やかな新ヘアカラー時代。マニックパニック、ロコル、スペクトラムカラーズ、塩基性カラーとは何?ホームカラーでも使えるヘアカラー!

衝撃のヘアカラー!!マニックパニックプロフェッショナルを使ってみよう!インナーカラーやデザインカラーの入れ方も公開中!

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

☆シェアをお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、オノです。 私は現役の美容師をしながら、筋トレや食事、運動のアドバイスもしています。このブログではお客様や、読者の皆様にプロが教える本当の情報をお届けできたらと思います。悩みや、疑問が少しでも解消され、豊かな人生を送るお手伝いができれば最高だと思っています。